NCIS: ニューオーリンズ (S2E4)

I Do / 忘れれらない人

工兵の結婚式でマックス・グリッグス大尉の刺殺体が見つかる。結婚式とのつながりは見つからないが、彼がドローンの操縦士だったことが分かる。基地を訪ねると、ゲートにはドローンに反対するデモ隊がいた。その中の1人、ケヴィン・ミッチェルからグリッグスが隠れ家を持っていたことを聞く。。(スーパー!ドラマTVサイトより引用)   

 

タイトルの「I Do」が最後の最後に効きました。サヴァンナの死をなかなか乗り越えられないラサールですが、少しでも前に進めるといいですね。

 

相変わらずいろんな女性と刹那的な関係を繰り返しているラサール、友人の結婚式でニューオリンズに来ていたベスという女性とのワンナイトでベッドでいちゃいちゃしてましたが、サヴァンナの形見の聖クリストファーのメダルはそんな時でも肌身離さず身につけてるようです。しかしラサール、なかなかに立派な胸毛持ちだったとは…。S1E15マルディグラエピソード)の最後に胸を出してた時はツルツルだったと思うんですが、当時は剃ってたんですかね。いや別にどっちでもいいんですけど…と言いつつ気になりますよね胸毛。クイーンファンとしては胸毛はやっぱり、ね。日本人女性には敬遠されがちな胸毛ですが、欧米ではセクシーと思う方も多いと聞くので、一応お色気シーンということで胸毛残したんでしょうか。それともまさかの付け胸毛?!

 

そんなラサールですが、離婚したキングへも女性を紹介しようと頑張っています。バーの開店準備をするキングに差し入れに添えて女性の名刺を渡す。しかしキングは保安官時代にその女性の従兄弟を逮捕したとか。うーん、そりゃ気まずい。市内の全ての女性は俺に繋がってる、と豪語?してましたね。Dr. Johnともお友達のようだし、実際相当顔が広いのでしょう。小さな街なので、あり得ない話じゃないなーと思いました。

どう考えても人の心配してる場合じゃないラサール、逆にキングに「今日は自分の家に帰って寝ろ」と忠告されてしまいます。ちなみにラサールはこの間、またもZapp'sのチップスをバリバリ食べてました。うらやましー。私にとってはかなりの飯テロです。。

 

そして今回の被害者は、ラサールの一夜のお相手ベスも出席した結婚式会場で遺体で発見されたマックス・グリッグス大尉。しかし新郎は海軍といえどSeabee(工兵隊)で、招待客も含め接点はありません。グリッグスの任務がドローン操縦士で、車に「Killer」と落書きされていたことから、ドローンの反対派に殺されたのかもということに。ドローン操縦で殺人を行うな!と、強固な反対派がいるようですね。基地の場所は「Undisclosed(非公開)」なはずなのに正面玄関前では反対派のデモが行われていたし、極秘のはずの操縦士の情報もリークされていたようです。車の落書きのペイントの分析などから反対派のブログを運営するミッチェルが疑われますがアリバイが成立、彼いわく「コソコソしていたグリッグスの方が怪しい」と。どうやらグリッグスが家族に内緒で倉庫を借り、そこで調べものをしていたようです。倉庫には基地付近の写真などが大量に貼られており、グリッグスはスパイだったのでは、という疑惑が。

 

倉庫にあった写真はドローンが撮影したものでしたが、セバスチャンの調べによると(オタク全開でウハウハで捜査してましたね〜。かわいい!)軍のドローンではなく、レーダーにも引っかからない小型のドローンだそう。これを闇で売ってるという地元民2人組(ウィレンスキーとダン、登場短かったけどなかなかいいキャラでした)をキングとラサールで捕まえに行きます。彼らの話によると、グリッグスは息子ライアンの誕生日プレゼントにそのドローンを買ったんだとか。ライアンにドローンを借りようとしたら、ライアンは「お父さんにもらった最後のプレゼントだから渡したくない」と、近所の公園(City Park)に逃げてしまいます。公園までライアンを探しに行き説得するラサール。ちなみにこの公園、S1E11でキングを狙った爆破事件があった所です。めちゃくちゃ広くて、昼間とはいえあんな小さな子供1人で行かせて大丈夫なのか?とか、そもそもラサールはどうやって見つけたんだよエスパーか?とか突っ込みたくなりますがまあいいか。

 

グリッグスが亡くなる前日にドローンで撮影した写真はLakeview(City Parkのすぐ隣くらいの地区。Mosquito heavenと言ってたけど実際は結構街中っぽい)。ブロディとパーシーが行ってみると、なんとミイラ化した女性の遺体が見つかります。どうやらグリッグスの「調べもの」の正体はこの遺体だったよう。

 

遺体は1年前に失踪届の出されていたルイーザ・バンクス。夫に話を聴きに行くと、ランニングの最中にいなくなったらしい。堤防沿いにCarrolton方面へ走っていたとのことで、Uptownですね。キングとラサールがルイーザが実際に走った経路を辿ります。折り返し地点にあったバーはJefferson市にあるRivershack Tavern。実際にCarrolton地区付近の川沿いにあるので、ルイーザの家やランニングコースを妄想できます。で、このお店は海軍の溜まり場で、Seabeeもよく来ていたことでようやく結婚式とつながる。

 

結局犯人は結婚式の招待客の1人、カービー兵曹でした。ランニング中のルイーザをうっかり轢き殺してしまい遺体を隠していたのですが、アフガン派兵中に攻撃に遭い絶体絶命な状態で同僚に思わずそのことを告白。彼らをドローンでアシストしていたグリッグスが無線でカービーの告白を聴いてしまい、真相を確かめるために色々調べていたと。ようやく遺体を見つけて証拠を掴んだので、結婚式の日にカービーに自首を勧めに行ったところ殺されてしまったのでした。カービーはグリッグスのアシストで生き延びた、つまりグリッグスは命の恩人だったのに殺してしまった。キングも相当怒ってましたね。

 

最後はラサールが約束通りライアンにドローンを返し、一緒に公園(多分City Park)で操縦する。「本当にお父さんが恋しいんだ、誰かこの気持ちわかってくれるかな」と言うライアンに「僕はわかるよ(I do)」と答えるラサール。泣けます…。

キングのお説教(?)も効いたのか、ラサールはサヴァンナの死と向き合うことにしたようです。彼女と過ごしていた時は心地良かったフレンチクオーターのアパートの喧騒が、今じゃ気になって眠れないということで寄り付いてなかったんですね。うん、家賃も高いと思うし引っ越したらいいと思うよ…でも事故物件かぁ…と無駄にリアルに考えてしまった私はなかなか最低ですが。

 

そういえばパーシーも大学時代、身分違いのお坊ちゃまと恋に落ちるも裏切られて失恋、ショックで退学してヴィーガンになるという過去が判明しました。Tulane出身と言ってたけど卒業はしなかったのかな。